アトピスマイル

アトピスマイルの成分について

更新日:

アトピスマイルクリームの特徴

天然成分
アトピスマイルは、ライスパワーエキスを生み出した勇心酒造が直接開発に当たったアトピー用のクリーム。ライスパワーは人が生来備える保湿、抗炎症、抗菌などの機能を高めてくれるため、アトピーを治癒する際に最も重要なファクターとされる体質改善への効果が期待できます。

アトピスマイルクリームでは、そのライスパワーエキスの中でも水分保持能の改善効果を持つ「ライスパワーNo.11」を有効成分として配合しています。

肌の角質層はもちろん、その奥にある表皮の深層部までその成分が浸透し、角化細胞を活性化。バリア機能を高め、外部からの刺激に負けない強い肌作りをサポートします。

あくまで自己治癒力を高めることを目的としているため、副作用の強いステロイドは使っていません。長期に渡る使用にも適したクリームです。

アトピスマイルの口コミ情報TOPへ戻る

ライスパワーNo.11

継続する
アトピスマイルクリームを使い続けることによって、肌の「水分保持能」が高まっていきます。

水分保持能とは、人間が元々備えている生体機能のひとつ。この機能が低下すると、細胞間脂質であるセラミドが少なくなり、細胞同士の結合パワーが弱まってしまいます。

そうなるとバリア機能が維持できなくなり、保湿力も低下します。お年寄りの肌が乾いていてハリを失っているのは、セラミドの減少がその一因なのです。

アトピスマイルクリームに有効成分として配合されているライスパワーNo.11には、このセラミド自体を増大させる働きがあります。ここが他の保湿成分との違いです。

一般の保湿剤は塗られた時に肌の表面を潤すだけで、肌そのものの機能改善には働きません。しかし、ライスパワーNo.11は肌生来の働きを蘇らせ、自己治癒力そのものを高めてくれるのです。

内部から美しい肌を作っていくためには、水分保持能の改善が欠かせません。アトピスマイルクリームはライスパワーエキスの働きで、その改善にアプローチしてくれます。

ステロイドとは?

調べてみる
人間の体では、副腎皮質という部位からホルモンのひとつである糖質コルチコイドが生産されています。このホルモンは人体に不可欠な物質で、炎症反応を抑え、免疫のバランスを保つ働きを持ちます。

この糖質コルチコイドを配合した薬が一般に言われるステロイド。内服薬、塗り薬、吸入薬、点鼻薬、点眼薬などとして幅広く使われています。

ステロイドが問題としてよく取り上げられるのは、アレルギー反応の抑制作用についてです。

ステロイドは元々免疫抑制作用を持つのですが、アレルギー反応の治療目的で投与すると正常な免疫反応まで抑えてしまい、体の抵抗力が低下してしまうのです。

アトピー性皮膚炎の治療でもステロイドは使われているのですが、あくまで炎症を抑えるのが目的で、その原因にアプローチするものではありません。

ステロイドに頼ってしまうと副作用も重篤になる可能性があるため、できるだけ使用を控え、別の方法によってアトピーを治す必要があります。

アトピスマイルクリームは有効成分として天然由来のライスパワーエキスを配合。肌本来の保湿機能を高めてくれます。そのことによって刺激に負けない肌となり、アトピーの症状も軽減していくのです。

-アトピスマイル

Copyright© アトピスマイルの口コミ情報〜話題沸騰中の保湿クリーム〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.